2013年1月16日水曜日

こだわりの巨大パネルパズルを製作したよ【イベントゲーム事例】

スチレンボードに印刷・カッティングしたイベント向け巨大パネルパズルの事例をご紹介いたします。



こんにちは、助太力(すけだちから)です。

今日はプロネートが企画制作した「巨大パネルパズル」について、詳しく紹介していくね。「巨大パネルパズル」が使われたイベントの様子は、昨日の記事を参照してね☆

巨大パネルパズル全体像の写真
巨大パネルパズル全体像

名前の通り、なんと言っても大きい! B0判という、幅1030mm×高さ1456mmのビックサイズだよ。 小学生なら、パネルの裏に2、3人が隠れんぼできちゃうね。

大人と比較しても、かなり大きい巨大パネルパズルの写真
大人と比較しても、かなり大きい

でも、スチレンボードで作られているので、軽くて持ち運びは楽ちんだよ♪

それにプロネートなら、印刷は幅1602mm × 長さ3100mmまで、カッティング加工は幅1800mm × 長さ2500mmまで対応可能。限界サイズに比べたら、まだまだ大きくはないけどね☆

UVインクジェット印刷機外観
弊社の大型UVインクジェット印刷機

同じくデジタルカッティングマシーン



問題は、ボードのサイズが大きすぎると、運賃もけっこうかかっちゃうということ。。。

普通の車には入らないし、トラックで運ぶしかないんだけど、運送会社さんによっては規格外の荷物として、かなりお高い料金になっちゃうんだ。



ここで、プロネートのこだわり其の壱!

1枚のパネルボードを、半分に折り畳めるように設計したんだよ。これなら、運搬や保管のコストもコンパクトになるよね♪


ボードを半分に折り畳んだ状態の写真
ボードを半分に折り畳んだ状態



プロネートのこだわり其の弐!

パズルが完成したあと、ピースが取り出しやすいように、フックを作ったよ。

ピースを取り出す取っかかりとなるフック部分の写真
ピースを取り出す取っかかりとなるフック部分

その際、土台となるスチレンボードの上に、フレームとなるスチレンボードをそのまま重ねちゃうと、フックの部分だけ白く見えちゃうので、穴の中もフレームと同じ色になるように印刷しているんだ。手間はかかるけど、パッと見てキレイに見えるからね☆



プロネートのこだわり其の参!

簡単には完成できないように、ダミーのピースを用意したよ。

プレイヤーを惑わすダミーピースの写真
プレイヤーを惑わすダミーピース

見た目だけでは、本物かダミーか分からないでしょ?

おまけに、本物のピースと形がよく似ているから、紛らわしいこと、この上ないよ。


そう言えば試作品を作ったとき、パズルの設計者は試しに挑戦してみた他の社員から「意地の悪い性格が滲み出ているね」と、総スカンを喰らっていたっけ。。



以上、「巨大パネルパズル」のこだわりを紹介したよ。

今回はお正月ということで、獅子舞さんの写真を使ったけれども、お客さんのイベントに合わせて、絵柄は自由に変えられるからね。


こういう「巨大なパズルを作りたい!」という人は、下記のボタンより株式会社プロネートのお問い合せページへアクセスしてくださ〜い☆


↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!




強化ダンボールやスチレンボードで立体パズルを作ったよ段ボールでお馬さんのペーパークラフトを作ったよ