2016年12月8日木曜日

光を放つキューブテーブルを展示したよ

弊社で企画制作した光のテーブルをご紹介します。






おはようございます、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日は、板橋区さんのイベントで設置した『LIGHT UP CUBE TABLE(ライトアップ キューブテーブル)』をご紹介するよ。

弊社で企画制作した『LIGHT UP CUBE TABLE』


これは先月に開催された『いたばし光と食の祭典』というイベントで、会場のひとつである清水稲荷神社の境内に展示したものだよ。

アクリル製のキューブを組み合わせて、それぞれにカウンターテーブルやダイニングテーブル、腰掛けの役割を持たせて、飲んだり食べたりができる空間を作ったんだ。

昼間も来場客に活用されていた


キューブの中にはLEDライトが仕込まれていて、暗闇(くらやみ)の中で光を放つ仕掛けになっているよ。

夜の帳(とばり)の中で、幻想的な雰囲気を醸し出していたよ〜

独特な情緒のある光の空間


そうそう、プロネートのUVインクジェット印刷機とデジタルカッティングマシーンで、『LIGHT UP CUBE TABLE』のアクリル看板も作ったよ。

こちらも闇夜に光る仕様で、来場してくれたお客さんをお出迎えしたんだ。

自社製のLEDアクリル看板スタンド


夜の部ではなんとギャルソンが登場!

併設された『三田線バル』さんのテントではお酒や食べ物も売っていたので、お客さんはムーディーな音楽を聞きながら、ギャルソンと、あるいは気の合う人同士で会話を楽しみながら食事をしていたよ。

光の中で黒子に徹するギャルソン


光のキューブに包まれて、非日常な空間を体験する──

これはもはやインスタレーション、現代アートと言っても過言ではないよ!

自画自賛する自称アーティスト・助太力くん



木陰に設置したため、小雨の間は枝葉がある程度は傘になってくれていたんだけども、あいにく途中から本降りになってしまって、会場も早めに撤収しちゃったのが心残りだったな〜

でも、昼間に『LIGHT UP CUBE TABLE』を見て、もう一度光るところを見ようと大雨の中、足を運んで来てくれた人がいることを知ったときは、とても嬉しい気持ちになったよ♪

参照:@Raizo_DOLores


このテーブルたちは、長さが40cm角の最小ブロックをベースに、キューブ2個分の80cmタイプ、4個分の160cmタイプの3種類のブロックで構成されているよ。

最小ブロックの40cm角のキューブは、カクテルバーなどのインテリアや、お店前の看板の代わりとしても使えそうだね。

お酒のボトルとバラのツーショット


『LIGHT UP CUBE TABLE』が展示された「いたばし光と食の祭典」は、板橋区さんが主催している「板橋オリめしプロジェクト」の一環として開催されたんだ。

板橋区はもともと光学(と印刷)の街で、さらに青色発光ダイオードを発明した中村修二教授が共同創業した「Soraa(ソラー)」という会社の拠点にもなっていることから、「光」が区のシンボルにもなっているよ。今回のイベントでは、『LIGHT UP CUBE TABLE』が「光」の一端を担ったってわけだね。

境内にある銀杏のライトアップもキレイでした

「板橋オリめしプロジェクト2016」いたばし光と食の祭典


「板橋オリめし」キャンペーンは2017年1月31日(火)まで開催されていて、区内のそれぞれの飲食店さんがいつものメニューにひと手間を加えたり、ひと工夫したりした「Made in 板橋」のオリジナル料理を提供しているよ。

オリジナルのメニューやお店の場所については、下記のページを参照して、気になったオリめしがあったら訪れてみてね〜

「板橋オリめし」キャンペーン参加店舗





『LIGHT UP CUBE TABLE』に関するお問合せは、下記よりお願いいたします☆


↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



2016年9月29日木曜日

木製のペン立てを製作したよ【木材印刷事例】

木材に写真を印刷して製作した木製ペン立てをご紹介します。






おはようございます、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日は、木材に人物の写真がプリントされた、世界にひとつだけの木製のオリジナルペン立ての製作事例をご紹介するよ。

木製ペンスタンドを表から見た写真

裏面にペンを差す場所があります



これはスポーツ少年団のテニス部に通うおにーちゃんやおねーちゃんの写真を、木の板に印刷してからペン立てに加工したものだよ。

縦に走る木目が、サーブの動作と相まって、いい動きを出しているね。


マンガっぽい


そのまま印刷しただけだと木材の色味や木目に影響されちゃうんで、最初に人物のところだけ白インクで印刷してから、4色のインクでフルカラー表現をしているよ。

ゼッケンやシューズ、ラケットのところを見てもらえると、ホワイトで木の色が隠されていることがわかるでしょ?

マテリアルの色が白インクで覆われている


この木製ペン立ては、卒団記念品として贈られたんだ。

当然ながら、写真はみんなそれぞれ違うよ。


何か変なアンテナみたいなのが立ってるけど、この針金の先端にある丸いものはボールを表現しているんだって♪

実用性はないけれど、凝ってるよね〜

ボールを打つシーンを再現


今回は台座が前にせり出しているため、印刷してからペン立てに加工しているけれど、前面が完全に平らな木製品であれば、完成品に後からプリントすることも可能だよ。

木材や木製品への印刷は、プロネートまで相談してね〜☆





↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



木材に印刷して立て掛け看板を作ったよ
桐箱に印刷したよ【木材印刷事例】


2016年8月30日火曜日

リーフレットスタンドパネルを製作したよ

ポケット付きの組立式パネルの制作事例をご紹介します。






こんにちは、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日はプロネートでデザイン・製作した、ポケット付きスチレンボード製パネルをご紹介するよ。

オシャレなリーフレットスタンドパネル


これはリーフレットを入れるためのポケットが付いたPOPパネルだよ。

裏に紙脚をつければそのまま自立したリーフレットスタンドになるし、駅貼りなどのポスターに貼り付けることもできるね。

リーフレットを立てて入れられるポケット付き


ポケット付きの立体的なパネルになっているけれども、糊(のり)やテープを使わずに組み立てられる設計になっているんだ♪

組立は差込式で糊いらず(裏面)


こだわりポイントは形と凸凹(でこぼこ)だよ。

このポケット付きパネルは、よくガーデニングなんかで見る木製の柵とか、簀の子(すのこ)みたいなものをモチーフにしているみたいだけれど、カッティングに一工夫することによって、繋ぎ合わせた木板が少しズレているように表現されているんだ。

下部が変形カットされている


さらに、ホワイトインクを使って表面を盛り上げることで、木板同士の間の溝の凹凸(おうとつ)も表現されているんだ! 触ってみると、デコボコしているのがわかるよ。

写真じゃちょっと分かりにくいという人は、担当営業に言いつけて持ってきてもらうか、プロネートに工場見学に来たついでに見せてもらってね♪



過去にはスチレンボードで、こんなリーフレットスタンドも作っているよ。合わせてご覧になってね。

こちらは脚もスチレンボードで作られたタイプ

リーフレットスタンドをスチレンボードで製作したよ



ポケット付きスタンドパネルの製作については、下記よりお問い合わせ・ご相談・ご注文ください☆



↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



2016年8月17日水曜日

タブレットケースに印刷したよ【ダイレクトプリント事例】

タブレット端末のカバーケースに印刷した製作事例をご紹介します。





おはようございます、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。

今日は、タブレットPCのケースカバーにイラストを印刷した事例をご紹介するよ。

オリジナルタブレットケース製作事例


これは「ASUS Padfone S」という日本では販売されていないタブレットPCのカバーケースで、PUレザーという合成皮革で作られているんだ。お客さんから支給されたカバーケースも、台湾から遠路はるばる送られてきたよ。


色はホワイトだったんだけど、大河ドラマ『真田丸』でお馴染みの真田幸村の赤備えにならって、全面にレッドをプリントしたんだ。

桜の白色は、元々のカバーの色を活かしているよ。

赤1色の中に桜の白い花びらが映える


このタブレットカバーの表面は、三角に折り曲げてスタンドにすることができるよ。

そのため、折り曲げる部分が少し凹んでいるんだ。なので、段差の部分に文字が掛からないように、レイアウトは少し調整されているよ。

凹み部分に文字が収まっている


また、フチ無しで印刷する上に、このカバーケースは左右が少し凹んだ形をしているので、周りをスチレンボード製の治具でしっかりマスキングして、インクがケースの他の部分に付いたりしないようにしたよ。

周囲を治具でマスキング(印刷前)

印刷後はこういう状態


そういや、ボクの前掛けも赤だったね。

この燃えるような野心の色と『真田丸』人気にあやかって、ボクもマスコットキャラクター界の天下統一を目指しちゃおっかな〜!

無謀な野望を抱く助太力くん




タブレットのカバーケースについては、過去事例もあるので併せてご覧になってね。

「iPad mini3」のカバーケースに印刷した事例

タブレット(IPAD MINI3)のカバーケースに印刷したよ



タブレットカバーケースへの印刷についてのご相談、お見積、ご注文は下記連絡先やフォームよりお願いします☆




↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!

2016年8月3日水曜日

スチレンボードをキャンバスに変身させたよ【積層印刷事例】

こんにちは、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。


みんなは「ポケモンGO」にハマってたりするのかな?

ボクはスマホを持ってないので、流行に取り残されているよ〜

流行に乗り遅れた助太力くん



ボクはボクの道を行くとして、今日はスチレンボードにキャンバス(麻布)のテクスチャを加え、写真を油絵風に加工したものを印刷した作品サンプルをご紹介するね。


キャンバスの触り心地がするスチレンボード事例



まずは車の写真を用意して、画像加工ソフト「Photoshop」で油絵風に加工したよ。

ペイント調に加工した写真


次に、キャンバスのテクスチャとなる版、油絵の具を塗ったようなテクスチャとなる版、車の盛り上がっている部分の版、さらに強調して盛り上げたい部分の版データを用意して、立体的な絵にする準備を整えたよ。

複数のテクスチャ用の版データを用意した



真っ平らなスチレンボードに凸凹のテクスチャを付けるために、UVインクジェットプリンタで数種類のデータを白インキで印刷していったよ。インクの方がちょっと白いね。

分かりづらいですが、ホワイトを印刷した状態



最後に4色のインクで印刷することによって、テクスチャがはっきりと現れるんだ!

キャンバス地が立体的に再現された

車のボディは油絵風のテクスチャになっている


もちろん、プロネートのUVインクジェットプリンタなら、キャンバスそのものに印刷することも可能なんだけど、今回は実験的な試みとしてスチレンボードを使って製作してみたんだ♪

キャンバスへの印刷事例はこちら



積層印刷はスチレンボードだけじゃなく、厚紙や硬質塩ビといった素材でも可能だよ。

表面にテクスチャを付けたいとき、一部分を立体的に盛り上げたいときなどにご活用してね☆



テクスチャ積層印刷に関するお問合せは……




↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!




キャンバスに油絵風のイラストを印刷したよ
積層印刷で周年記念バッジを作ったよ
名刺ケースにいろいろな印刷をしてみたよ


2016年7月14日木曜日

板橋の夏の三大祭りと花火大会をご紹介するよ

夏の板橋三大祭りと「いたばし花火大会」の最新版(2016年)情報をお伝えします。






おはようございます、プロネートの広報担当・助太力(すけだちから)です。


わっしゃい、わっしゃい!

今年もお祭りの季節がやってきたぜ!、だよ。

血涌き、肉踊る、助太力くん



プロネートの本社・工場がある板橋区でも、夏のイベントが目白押しで、特に「夏の板橋三大祭り」と「いたばし花火大会」が毎年盛り上がりを見せているよ。

今日はそんなイベントたちのスケジュールと、どんな様子なのかを垣間見れる動画をご紹介していくよ〜



まずは、お祭りを開催順にご紹介していくね。



なかいたへそ祭り(2016年は終了)


写真は過去のへそ祭りの様子


「へそ祭り」はお腹に顔を描いて、頭を隠して踊るお祭りだよ。宴会でおじさんたちがよくやるやつの規模が大きい版だね。

富良野市の北海へそ祭りや、群馬県の渋川へそ祭りが有名だけれども、ここ中板橋でも今年で21回目を数える名物行事となっているんだ。


へそ踊りだけじゃなくて浴衣踊りやベリーダンス、それに「へそ娘コンテスト」なんてのもあって盛りだくさんなスケジュールになっているよ!


第21回へそ祭り(中板橋商店街)

日時:2016年7月17日(日)
場所:中板橋商店街


チャンネル名:なかいたチャンネル
(へそ踊りは3分52秒あたりから始まります)



そうそう、中板橋商店街ではお祭りの数日後に、お店を回って食べ歩きができる「街バル」が開催されるので、ついでにご紹介しておくね。

第3回東上線バル なかいたバル(中板橋商店街)

日時:2016年7月19日(火)〜22日(金)
場所:中板橋商店街



成増阿波おどり大会


写真は過去の成増阿波おどり大会の様子


成増阿波おどり大会は例年、約35,000人が訪れる、今年で33回目を迎える阿波踊りの祭典だよ。

成増には池袋から東武東上線の急行や準急に乗れば、たった1駅で行けちゃうので、踊り好きな人は足を運んでみてね♪


第33回成増阿波おどり大会(レッツエンジョイ東京)

日時:2016年8月4日(木)17:45~
場所:成増南商店街(成増駅南口ロータリー)、スキップ村、成増アクトイベント広場


チャンネル名:「坂戸通信」



志村銀座まつり『サンバINシムラ』




サンバは今年のオリンピック開催地でもあるブラジル発祥のダンスだね。

ボクはこの祭りだけまだ行ったことがないんだけど、商店街を派手ハデな衣装を着たおねーさんたちが練り歩くらしいね。なんでも国内で有名な「浅草サンバカーニバル」に出演しているトップチームも参加しているとか。


★志村銀座まつり『サンバINシムラ』

日時:2016年8月21日(日)<予定>
場所:志村銀座商店街


チャンネル名:「Happy Guide」



最後に、夏の風物詩・板橋の花火大会をご紹介しておくね。


いたばし花火大会




荒川の河川敷で開催される「いたばし花火大会」は今年で57回目。

約1万2000発の花火が打ち上がり、都内最大の「尺五寸玉(開いた花火の直径は360m!)」や、700mに及ぶ関東最長級の「大ナイアガラの滝」が目玉となっているよ。


無料で観られる一般席もあるけれど、より近くで花火を堪能したい人は、有料指定席を利用したほうがいいよ〜☆

第57回いたばし花火大会(板橋区観光協会)

日時:2016年8月6日(土)19:00〜20:30
場所:板橋区 荒川河川敷


動画は去年の特集になるけど、板橋区さんが自ら大会の魅力を紹介する番組だよ。


チャンネル名:「cityitabashi」





お祭りは人を元気にさせてくれるし、夜空に打ち上げられる花火は心に響くよね〜

みんなも板橋にぜひぜひ遊びに来て、夏を満喫してみてね☆