2013年11月5日火曜日

ここがすごいよ!「バーチャル自販機」⑦ 〜大きさ・形・素材を自由に変えられる

こんにちは、助太力(すけだちから)です。


今日は久々に「バーチャル自販機」についての記事だよ。

以前、バーチャル自販機の特長として「奥行き0cmだから省スペースでも設置が可能」と紹介したことがあったけど、厚さだけじゃなく、大きさや形、さらには素材まで、用途や設置場所に合わせて変えられる、というお話をするよ。

壁に貼られた「バーチャル自販機」の写真
「バーチャル自販機」設置イメージ


大きさ・形を自由に変えられる

普通、自動販売機と言ったら大人の背丈よりも高くて、幅もそこそこある筐体(きょうたい)をイメージするよね。

「バーチャル自販機」はそんな固定観念(?)に捉われない、もっと自由な表現ができるよ。例えば、三つ折り加工の名刺を開くと現れる、手のひらサイズの自販機とかね☆ ←これも前に紹介したね。

名刺3枚分の大きさの「バーチャル自販機」の写真
名刺3枚分の大きさの「バーチャル自販機」



同じ原理で、圧着はがきのDMを開封すると自販機が現れる仕掛けにして、そこから通販サイトに誘導することもできるよね。

圧着はがきから自販機が登場するイメージイラスト
圧着はがきから自販機登場(イメージ)


デモンストレーション用のバーチャル自販機には、サービス概要を紹介するリーフレットが備え付けられているけど、ここに自販機と同じ商品が購入できるリーフレットを入れておけば、この場で買うことにはためらった人でも、持って帰って検討してもらうことができるね!

バーチャル自販機備え付けの リーフレットBOXの写真
バーチャル自販機備え付けの
リーフレットBOX



身も蓋(ふた)もないことを言ってしまえば、必ずしも自販機の形にする必要はないんだよ。

自販機はあくまでも表現のひとつなので、例えば、商品棚に品物が並んでいるイメージでもいいよね。

商品棚をイメージしたポスターの写真
商品棚をイメージしたポスター


商品棚と一口に言っても、商品が所狭しと並んだスーパーのような棚もあれば、高級感が感じられるようなディスプレイをするデパートみたいな棚もある。販売したい商品やお客さんによって、表現は大きく変わってくるね。

プロネートでは、お客さまや設置場所の環境を考慮した、最適な表現方法をご提案差し上げているよ。



素材を自由に変えられる

「バーチャル自販機」は紙でも、シール素材でも、プラスチック素材でも、プロネートの「WIDE HYBRID」で印刷できる素材なら何でも作れるよ!

★「WIDE HYBRID」(株式会社プロネート公式サイト)


素材や特殊加工の有無は「どのくらい設置するか」「どこに設置するか」「商品の変更は頻繁か否か」によって変わってくるよ。

例えば、短期間、屋内に設置して、頻繁に商品を入れ替える場合は、紙に印刷して、両面テープや画鋲で壁に留める程度でいいかもしれない。

逆に、長期間、屋外に設置して、商品内容も替える必要がない場合は、かんたんに壁から剥がれないようにシール素材に印刷して、太陽光や雨に負けないように、表面にはPP加工を施したほうがいいね。


当然、壁によっては、テープやシールだと剥がれやすかったり、画鋲が留められなかったりするので「どんな壁に貼るか」も素材選びや設置方法を決める重要なポイントだよ!


【関連記事】

ここがすごいよ!「バーチャル自販機」⑤ 〜よそとは違う「QRコード」(後編)
ここがすごいよ!「バーチャル自販機」⑥ 〜詳しいマーケティング情報が得られる
ここがすごいよ!「バーチャル自販機」⑥ 〜マーケティング情報が得られる(補足)



最後に、慣れない敬語を使ってビシッと決めておくよ。


プロネートでは、御社のビジネスに最適な「バーチャル自販機」の使い方(もしくは応用の仕方)を提案します。ご興味がおありのご担当者の方は、下記のボタンからお問い合わせしてください☆

↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!