2014年3月26日水曜日

リーフレットスタンドをスチレンボードで製作したよ

スチレンボードを加工・カッティングして製作したリーフレットスタンドの事例をご紹介します。





こんにちは、助太力(すけだちから)です。

今日は、UVインクジェット印刷機で印刷し、デジタルカッティングマシーンで加工して作った、リーフレットスタンドを紹介するよ。

スチレンボードを切り抜いて製作したリーフレットスタンド
スチレンボードを切り抜いて製作したリーフレットスタンド



材質はスチレンボード製で、広げるとA4サイズになる三つ折りリーフレットが入るサイズだよ。三つ折りリーフレットは長3封筒に入り、定型郵便で送れるから便利なんだよねぇ。

リーフレットを入れると、営業マンの鞄(かばん)の中から、飛び出しているように見えるようになっているよ。


このリーフレットスタンドのポイントは、1つの部品だけで作られているというところだよ。

糊は一切使わずに、組み立てられることができるんだ。

リーフレットスタンドを展開した状態の写真
リーフレットスタンドを展開した状態


これは「Vカット」と呼ばれている、スチレンボードを裏から斜めにカッティングする技法によって成せるワザだよ。

この言い方は怖くて好きじゃないんだけど、首の皮一枚つながった状態にカットすることによって、ボードを直角に曲げられるようにしているんだ。

切れていそうで切れていない「Vカット」の写真
切れていそうで切れていないのが「Vカット」

「Vカット」によって、エッジに連続性が生まれた様子の写真
それによって、エッジに連続性が生まれる


「Vカット」という言葉の響き自体は、カッコ良くて好きだなぁ。

試しに、床屋さんに「Vカットでお願いします」って言ってみたら、こんな頭になったよ。

Vカットにしてみた助太力くんのイラスト
Vカットにしてみた助太力くん


どう? 似合ってるかな?



スチレンボードで製作したリーフレットスタンドについてのお問い合せは、下記のボタンよりお願いします☆


↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!





入室・退室記録カードスタンドだよ
ディスプレイスタンドを作ったよ





2014年3月19日水曜日

3世代をつなぐ贈り物④〜2WAYの写真アルバム「ビョーブック」

こんにちは、助太力(すけだちから)です。


今日はプロネートが開発した「3世代をつなぐ贈り物」シリーズ第4弾! フォトアルバムの新しいカタチ「ビョーブック」をご紹介するよ。


広げて屏風、畳んでめくればフォトブック
ビョーブック



「ビョーブック」は、部屋のインテリアとしても、フォトブックとしても使える、2WAYタイプの写真アルバムだよ。

ネーミングの由来は、広げれば屏風(びょうぶ)のようになり、閉じてめくればフォトブックとして使えるところから来ているよ。「ビョーブ」と「ブック」を足して縮めた、というわけだよ。


広げると写真が並ぶという点では、先に紹介した「makimo(マキモ)」に似ているね。

なが〜いフォトアルバム「makimo」の写真
なが〜いフォトアルバム「makimo」


「ビョーブック」の特長としては、広げたときに立てて置いておけるという点が挙げられるよ。リビングなどに飾っておけば、ミニ屏風のようにインテリアとしても使えるよ。

畳めばコンパクトになるので、本棚に閉まっておくこともできるんだ。


また、写真はポストカードの大きさなので、定型郵便サイズの封筒に入れて送ることができるよ。おじいちゃん・おばあちゃんにとっては、「ビョーブック」をアコーディオンのように伸ばすことで、かわいい孫がいっぱい出てくるから楽しいだろうね♪

おじいちゃんに扮する助太力くんのイラスト
またしても、おじいちゃん目線で物を言う助太力くん


※上記で紹介している商品の仕様は、今後変更になる場合がございます。


【関連記事】
3世代をつなぐ贈り物①〜こまごかるた
3世代をつなぐ贈り物②〜makimo(マキモ)
3世代をつなぐ贈り物③〜こまごパネル



「ビョーブック」に関するお問い合せは……

↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



2014年3月12日水曜日

プロネートの使命とは?

こんにちは、助太力(すけだちから)です。

今日は、ちょっとカッコいいタイトルで始めたけれども、プロネートの使命を宣言するよ。心しても心しなくてもいいから、ざっくりと読んでみてね。

プロネートの使命「笑顔がこぼれる画づくり」タイトル
プロネートの使命「笑顔がこぼれる画づくり」

笑顔がこぼれる『画づくり』

「画」は「え(=絵)」と読ませているよ。「画」にはプロネートが長年培ってきた画像処理技術や印刷技術、それに「思いを『画』にする」といった意味が含まれているんだ。

「笑顔がこぼれる」という部分には、プロネートがお客様のビジネスにお役に立てることによって、お客様も、その先のお客様も笑顔にしたいという意志が込められているよ。


この言葉は、プロネートの社員たちが1年の歳月をかけて、自分たちの存在意義を問いながら、外部のコンサルタントさんを交えて真剣に議論に議論を重ね、紆余曲折(うよきょくせつ)を経て考え出されたんだ。

会議室の壁を使ったブレーストーミングの様子の写真
会議室の壁を使ったブレーストーミングの様子


この「使命」は、来客者の目に留まるように大型ポスターを本社3Fの入口に掲示したり、新しい会社案内に採用したりしているよ。

本社に掲示された、使命を宣言するポスターの写真
本社に掲示された、使命を宣言するポスター



また、プロネートのYouTubeチャンネルでも、スライドショーでご紹介しているので見てみてね。

こちらでは使命の他に、プロネートの「3つのお約束」というものも宣言しているよ。これも同じ勉強会の中で、意見を出し合った生まれたものだよ。

集客,企画,販促支援「笑顔こぼれる画づくり」 のプロネート 使命と3つのお約束



ボクも「笑顔こぼれるブログづくり」を心がけているんだけれど、その笑顔が「苦笑」や「失笑」になっていないかと願うばかりだよ。

微妙な笑顔で願いを込める助太力くんのイラスト
微妙な笑顔で願いを込める助太力くん

【関連サイト】
集客,企画,販促支援「笑顔こぼれる画づくり」 のプロネート(YouTubeチャンネル)
株式会社プロネート(公式ページ)


お問い合せはこちらから!


2014年2月28日金曜日

プロネートがテレビ局を開設!?

こんにちは、助太力(すけだちから)です。


このたび、プロネートがテレビ番組の製作に乗り出し、インターネットで配信していることをお知らせするよ。

プロデューサーを気取る助太力くんのイラスト
敏腕プロデューサーを気取る助太力くん


と言っちゃうと、何だか大掛かりな話に聞こえるけど、正確に言うと、動画共有サービス「YouTube」にプロネートの配信チャンネルを作った、というお話だよ。

動画共有サービス「YouTube」プロネートのチャンネルのキャプチャ
動画共有サービス「YouTube」プロネートのチャンネル



チャンネル名は「集客,企画,販促支援『笑顔こぼれる画づくり』のプロネート」。現在はもっぱら「バーチャル自販機」のプロモーション映像を配信しているよ。

↓)これは社員が慣れない動画制作ソフトを使って、最初に配信した記念すべきスライドショー。




↓)こちらは板橋区でデモンストレーションを実施した「スマホ・バーチャルストア」の事例を紹介したプロモーションビデオ。




↓)ボクがブログで取り上げた記事も、アニメーションになって再登場しているよ。




他にもいろいろアップロードしていくので、ふとした拍子に観てほしいな。

これという動画があったら、今後もブログでご紹介していくよ。お楽しみにね☆


追記 2014.12.15
現在、プロネートのYouTubeチャンネルは「集客,企画,販促支援 板橋区のプロネート」のチャンネル名で運営しています。


【関連サイト】
集客,企画,販促支援 「笑顔こぼれる画づくり」 のプロネート(YouTube)
★再生リスト「スマホ・バーチャルストア(バーチャル自販機)」(YouTube)
 ※クリック後、音声が流れる可能性があります。音量にご注意ください。


↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



2014年2月20日木曜日

最新のAdobe出力に対応しているよ

こんにちは、助太力(すけだちから)です。


ソチオリンピックも、いよいよ佳境だね。

頑張っている選手のみんなを観ていたら、ボクもメダルが欲しくなってきたよ。今、何の競技に出場しようか迷っているところなんだ。とりあえず、身体だけは鍛えておこうと、毎日スクワットをしているけどね。

雪上でスクワットをする助太力くんの写真
雪上でスクワットをする助太力くん



さて、今日は、プロネートが「Adobe Creative Cloud」に対応している、というお話をするよ。

新しいクリエイティブ環境のための最新のツール 「Adobe Creative Cloud」Webページキャプチャ
新しいクリエイティブ環境のための最新のツール
「Adobe Creative Cloud」


デザインや印刷に携わっている人は知っていると思うけど、印刷物用のデータを作るには「Illustrator」や「Photoshop」、「Indesign」といったAdobe製品が欠かせないんだ。

Adobeさんのアプリケーションは頻繁(ひんぱん)にアップグレードを繰り返していて、今は「Adobe Creative Cloud」というのが最新のバージョンだよ。略して「CC(シーシー)」とも呼ばれているね。


最新のバージョンに対応していない印刷会社の場合、最新のAdobe製品データをそのまま入稿するとファイルが開けなかったり、下位のバージョンでも開けるようにデータを保存し直すと、トラブルの原因になったりするよ。。。

データを下位バージョンに落とすと表示されるアラートのキャプチャ
データを下位バージョンに落とすと、こういうアラートが出る


プロネートが「Adobe Creative Cloud」に対応しているという証明は、Adobeさんのホームページの「Adobe 出力対応店一覧」というページを見てみてね。「CCの出力対応店」というタブの「関東地方」をクリックすると、下のほうに表示されるよ〜

Adobe 出力対応店一覧のページのキャプチャ
Adobe 出力対応店一覧のページ


Adobe 出力対応店一覧(Adobe アドビシステムズ 日本)


【関連サイト】
入稿の手引き(株式会社プロネート公式サイト)

お問い合せは、下記のボタンからお願いします☆


↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



2014年1月30日木曜日

強化ダンボールでディスプレイスタンドを作ったよ

強化ダンボールを加工・カッティングして製作したディスプレイスタンドの事例をご紹介します。





こんにちは、助太力(すけだちから)です。


今日は、「WIDE HYBRID(ワイドハイブリッド)」を活用して作った、頑丈で軽量な強化ダンボール製のディスプレイスタンドを紹介するよ。

★「WIDE HYBRID」(株式会社プロネート公式サイト)


エコ素材で作った「モニタースタンド」の写真
エコ素材で作った「モニタースタンド」


これは台の上に大型モニターを載せて、デジタルサイネージとして使うものだよ。

コード類は台に空いている穴を通して、背中の扉から逃がせるようにしているんだ。

モニタースタンドの台に空いたコードを通す穴の写真
コードの類はいったん穴に潜って……

モニタースタンドの背部にある小扉の写真
こちらのドアから出てきます


このディスプレイスタンドは今月、大型店舗の催事場に採用されたよ。

当日のイベントの内容や最新情報を、訪れたお客さんが液晶モニターで確認できるようにしたんだ。


写真のディスプレイスタンドは白無地だけれども、「WIDE HYBRID」の大型UVインクジェットマシーンを使えば、自由なデザインを印刷することもできるよ。

貼り直しのできるシールを使えば、ディスプレイスタンドを擬人化して、福笑いみたいに日替わりで表情を変えちゃうという遊び心も発揮できるね♪

モニタースタンドの写真
命名「ディスプレイスタンドくん」

モニタースタンドに貼られた目鼻を表現するシール部分の写真
シールで目と鼻を表現している


ディスタ(「ディスプレイスタンド」の略)くん、雪だるまみたいでかわいいけど、なんか、表情に乏しいね……

でも、人気のキャラクターの中にもけっこう無表情な子がいるよねぇ。一説によると「無表情だからこその愛らしさ」というものがあるんだって。


よおし、ボクも今日からは無表情で行こうかな!


無表情の助太力くんのイラスト
一説に流されすぎな助太力くん



モニタースタンドに関するお問い合せは、下記のボタンよりお願いします☆

↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!



2014年1月20日月曜日

段ボールでお馬さんのペーパークラフトを作ったよ

白段ボールを加工・カッティングして製作した馬のペーパークラフトの事例(当社年賀状用)をご紹介します。





こんにちは、助太力(すけだちから)です。


昨日の日曜日は、お年玉くじ付き年賀はがきの抽選日だったね。

現金1万円や「ふるさと小包」が当たるかもしれないから、ダメもとで確認したほうがいいよ〜



ちなみに、プロネートの今年の年賀状はこんなでした↓

プロネートの2014年版の年賀状
皆さまの元には届いていますでしょうか?


中央には、今年の干支であるお馬さんが写っているね。

このお馬さんの模型は御多分(ごたぶん)に洩(も)れず、「WIDE HYBRID(ワイドハイブリッド)」を活用して作っているよ。

★「WIDE HYBRID」(株式会社プロネート公式サイト)



お馬さんの横には数字が4つ並んでいて、ある角度から見ると「2014」と今年の西暦に見えるんだ。

別アングルから見た馬の模型の写真
別アングルから見た馬の模型


模型は立体パズルのようになっていて、分解すると、こんな感じになるよ。↓

2頭分の馬のパーツ群の写真
2頭分の馬のパーツ群


来年のことを言うと鬼が笑うらしいけど、2015年の干支は羊(未)だね。

この立体模型がシリーズ化するか、また別のビジュアルになるかは社内コンペ次第だけど、来年の年賀状を楽しみにしていてね☆


【関連記事】
立体パズルを作ったよ
段ボールでドーナツを作ったよ



「WIDE HYBRID」について詳しく知りたい方は、下記のボタンよりお問い合せお願いします☆

↓ クリックで公式サイトのお問い合せページにジャンプします ↓
お問い合せはこちらから!